公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

事業コード 2A02
タイトル 2017年度第3期マネジメント・ケイパビリティ【養成コース】
戦略的発想のできる、次世代コア人材を育成
要約
対象 分野:営業・マーケティング,経理、財務,経営戦略,組織活性化,総合
スキル:ロジカルシンキング,プレゼンテーション,リーダーシップ,マネジメントスキル全般
階層:中堅社員
ビジネスユニット:経営アカデミー
開催形式
開催日程 第1セッション 2018年1月26日(金)〜27日(土)
第2セッション 2018年2月 9日(金)〜10日(土)
第3セッション 2018年3月 9日(金)〜10日(土)

ほかに1期(7〜9月開催)、3期(2018年1月〜3月開催)、大阪開催(9月〜11月開催)もございます。
詳しくはお問い合わせください。
講師
会場 公益財団法人日本生産性本部 経営アカデミー
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル6階
参加料 賛助会員:280,800円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:324,000円(税込)
お申込みの際は、備考欄に事前課題の送付先(参加者ご本人宛てか研修担当者様宛てか)を必ず明記してください。養成コース、部長コース、役員コースに年間合計3名以上お申込みの場合、参加料を割引させていただきます。詳しくは下記までお問い合わせください。
内容 マネジメント・ケイパビリティ養成コースでは、将来のビジネスリーダーを対象に、マネジメントにかかわる主要なテーマについての知識、思考法をバランスよく体得するとともに、異業種の人材との議論・交流の場を提供します。

*2017年度は4期開催いたします。(大阪開催含む)
*各期は、第1セッション〜第3セッションで構成されております。

■対象:全職種の若手・中堅ビジネスリーダー

貴社の次代の経営を担うビジネスリーダーを対象に、3つの「場」を提供します。

1.マネジメントに関する主要領域の知識・スキルを実践的に身につける「場」
2.異業種・異職種の人材からの刺激により、” 気づき” を得る「場」
3.自己が目指すリーダー像を明確にデザインする「場」

3つの「場」を踏まえて、自己の事業観や思考プロセス、行動を内省して、自己を客観視することができます。今までの固定観念を打破し、新しい知恵を生み出す基盤を形成します。

<第1セッション>
■「ビジネスコミュニケーション」
1.講師:中野 俊宏 氏(HRインスティテュートチーフコンサルタント)
2.ねらい:論理的思考力、組織内外に共感を生み出すコミュニケーション能力・チームマネジメント力を獲得する
3.主な内容:(1)コミュニケーションに生かすロジカルシンキング、(2)ゼロベース思考、(3)フレームワーク思考〜モレなくダブリなく等、(4)ロジックツリー〜WHATツリー、WHYツリー、HOWツリー等

■「経営戦略」
1.講師:岡田 正大 氏(慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授)
2.ねらい:業界構造の分析と持続的競争優位を実現する戦略思考のための基本を習得する
3.主な内容:(1)経営戦略の基本的フレームワーク、(2)新たな戦略理論の萌芽(創発戦略、破壊的イノベーション ほか)、(3)ケース演習

<第2セッション>
■「マーケティング」
1.講師:井上 哲浩 氏(慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 教授)
2.ねらい:製品ライフサイクルや市場地位、顧客との関係に応じたマーケティング戦略の基本を習得する
3.主な内容:(1)マーケティングの定義、(2)3C+1、SWOT分析、(3)TP(セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング)、(4)ケース例:「片岡物産」ほか

■「組織マネジメントとリーダーシップ」
1.講師:鬼澤 慎人 氏(茨城県経営品質協議会 理事)
2.ねらい:時代の変化の中、継続して高い価値を生み出し続ける組織になるためにはどうすればいいのか。人と組織を改革し、成長を促進させる「未来を創るリーダーシップ」とは。自己を振り返り考察する。
3.主な内容:(1)場づくり(雰囲気や空気)の大切さ、(2)人のやる気と組織のまとまりが相乗効果を生み出す、(3)状況に応じたリーダーシップ、(4)自分をリードする

<第3セッション>
■「会計・財務」
1.講師:加藤 篤士道 氏(日本生産性本部 主席経営コンサルタント、公認会計士)
2.ねらい:企業の財務構造を分析し、経営戦略・ビジネスモデルとの関係を理解する
3.主な内容:(1)財務会計の基礎〜貸借対照表・損益計算書の見方〜、(2)収益構造分析、キャッシュフロー分析、(3)競合比較演習 例:眼鏡チェーンの分析

■「総括」
1.講師:加藤 篤士道 氏(日本生産性本部 主席経営コンサルタント、公認会計士)
2.ねらい:コース全体で捉えた知を整理・統合し、実践知に繋げる
3.主な内容:学んだ知識を総動員して前日に分析した演習課題への戦略提案に取り組む
(1)事業分析と戦略策定、(2)提案ストーリー、(3)経営改善の視点と財務シミュレーション

■ビジネスリーダー講演
各方面で活躍している経営幹部を招き、事業観や使命感、それに基づく思考や行動を肌で感じることで、仕事への取り組み姿勢を再考し、自己のリーダー像を明確に描く機会を設定しています。
参考URL http://www.jpc-net.jp/academy/
ダウンロード MCcourse_2017_forWeb.pdf
備考 お申込みの際は、備考欄に事前課題の送付先(参加者ご本人宛てか研修担当者様宛てか)を必ず明記してください。

マネジメント・ケイパビリティコースでは、部長職向け(部長コース)、取締役・執行役員向けのプログラム(役員コース)もご用意しております。
詳しくは下記までお問い合わせください。
問い合わせ先 公益財団法人日本生産性本部
経営アカデミー
TEL:03-5221-8455
FAX:03-5221-8479
mail:academy_info@jpc-net.jp


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.