公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

事業コード A08
タイトル <経営アカデミー>生産革新マネジメントコース
経営と現場の視点で、「強い工場」をつくる人材の養成
要約
対象 分野:生産管理
スキル:プロジェクトマネジメント
階層:中堅社員,管理監督者
開催形式
開催日程 2018年 6月〜2019年 2月
曜日:木・金曜日(月1〜2回)
時間:10:00〜17:00
合宿:3回および海外視察1回
全日数:27日(合宿込み)
講義23コマ、グループ研究23コマ、工場視察10社前後(海外調査含む)
講師
会場 公益財団法人日本生産性本部 経営アカデミー
東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル6階
参加料 賛助会員:1,015,200円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:1,123,200円(税込)
合宿費、海外調査費別途
内容 ■ねらい:「現場と経営の視点で、『強い工場』をつくる人材の養成」

−「ものづくり」のこだわり−
日本企業の競争力は「強い工場」によって支えられてきたと言われていますが、近年、海外移転や製造工程のアウトソーシング、改善活動の行き詰まりなどによって、その「強い工場」が根底から揺らいでいる企業が少なくありません。
なくしてはならない、自社のものづくりの源泉は何か。
本コースでは、自社の競争力を生み出している、ものづくりの基盤をしっかりとつくれるようにします。

−「ものづくり」の蓄積−
現場と経営の視点で、自社のものづくりを構想できる人材の存在の有無が、長期的な競争力を左右する時代になっています。
本コースでは、現場と経営の立場を理解し、双方をつなぐ人材として、現場における改善の考え方・手法はもちろん、自社で何を作るべきなのかなど、長期的な展望で、ものづくりの知恵・技術の蓄積、深さを考えます。
それにより、広い視野で「強い工場」をつくることができる経営人材の養成を目指します。

■本コースが目指す3つの力
(1)工場経営力
 ・世界と勝負していくために、自社のものづくりの方向性を示し、具現化する力
(2)現場マネジメント力
・自ら自社の経営的な問題を発見し、自発的に課題を解決できる現場を構築する力
(3)主体的革新力
・自社のものづくりのあるべき姿を描き、それに向けてリーダーシップを発揮できる力

■対象者:生産関連部門(製造・生産管理・品質・調達など)のリーダー、マネジャー

■プログラム
<講義>
(2017年度実績、主なテーマ・講師)
・「企業経営と企業体質」 慶應義塾大学大学院 教授 河野 宏和 氏
・「ものの流れのマネジメント」 東京理科大学 教授 平川 保博 氏
・「納期遅延の解決」 慶應義塾大学大学院 教授 坂爪 裕 氏
・「物流コストを意識した工場レイアウト」 上智大学 教授 伊呂原 隆 氏
・「ものづくりの国際経営戦略とグローバル生産」 東京大学大学院 教授 新宅 純二郎 氏
・「経済性分析による投資の意思決定」 慶應義塾大学 准教授 稲田 周平 氏
・「フィールドワークー現場力を練磨する」 法政大学 教授 梅崎 修 氏
ほか

<工場視察>
(2017年度実績)
・ブリヂストン 様
・安川電機 様
・日産自動車 様
・トヨタL&F 様

*ベトナム調査団視察先:
・ヤマハ・モーター・ベトナム 様
・TOTO・ベトナム 様
・パナソニック・システムネットワークス・ベトナム 様
・ロジテム・ベトナム・No.2 様
・YKKベトナム 様
・ヨコハマ・タイヤ・ベトナム 様
・ブラザー・インダストリーズ・サイゴン 様
・味の素・ベトナム 様

<グループ研究>
(2017年度 研究テーマ)
・「A社 工場の生産性向上−品質、段取り、物流」
・「B社 新ラインの立ち上げ支援、ROAに貢献する在庫削減」
・「C社 製造工程の改善、作業者のモチベーションを上げる仕組みづくり」
参考URL http://www.jpc-net.jp/academy/
ダウンロード 2018 生産革新マネジメントコース.pdf
備考
問い合わせ先 公益財団法人日本生産性本部
経営アカデミー
TEL:03-5221-8455
FAX:03-5221-8479
mail:academy_info@jpc-net.jp


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.