公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 1702
タイトル 実務担当者のための『人事評価』基礎セミナー
 〜 いまさら聞けない!賃金制度・評価制度の基本 〜
要約
対象 分野:人事・労務,労使関係
スキル:目標管理,その他
階層:複数階層
ビジネスユニット:雇用システム研究センター
開催形式
開催日程 2017年5月16日(火)10:00〜17:00
講師 日本生産性本部 認定経営コンサルタント・雇用システム研究センター主任研究員 平井 久禎
会場 日本生産性本部
東京都渋谷区渋谷3-1-1
Tel. 03-3409-1112
JR・東急・京王・営団地下鉄 渋谷駅 徒歩8分
参加料 賛助会員:32,400円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:37,800円(税込)
*8%税込 「賃金」基礎セミナー/「人事評価」基礎セミナー 両日参加の場合は 賛助会員様は54,800円、                                 一般のお客様は 65,600円になります。
内容 ◆◆ 実務担当者のための『人事評価』基礎セミナー ◆◆
    2017年5月16日(火)10:00〜17:00

当セミナーのポイント

1 人事賃金制度の全体像を1日で体系的に把握することができます。
  【ご経験が浅い新任の人事担当者の方、労働組合役員の方に最適です】

2 人事賃金制度を厚生する要素や種類など、評価制度の全体観をつかむことができます。

3 自社に最適な評価制度の検討や見直しのポイントを考えることができます。

4 評価制度の運用展開を推進するための具体的な施策・ツールを習得できます。

=====================================
    セミナーのポイント
=====================================

1 活用目的から見た人事評価の構成
    
    (1)組織業績貢献型人事評価 
        ・組織目標に連鎖した個人目標設定

    (2)人材育成型人事評価
        ・期待される社員像に基づく期待する行動設定

    (3)上司と部下のコミュニケーション型人事評価
        自己評価のメリットとデメリット
        ・面談の進め方と評価者に求められる態度・技法 

2 人事評価の種類と構築方法

    (1)目標管理型業績評価と非目標管理型業績評価
       ・職業別・階層別目標設定例紹介
       ・目標と目標以外の業務の評価方法の違い

    (2)コンピテンシー型行動評価と企業理念型行動評価
       ・コンピテンシー型評価項目の作成方法と作成例
       ・企業理念型行動評価の作成方法と作成例
  

3 人事評価の運用面での留意点

    (1)評価者の運用に関する留意点
       ・評価者から寄せられる質問・意見への対応方法
       ・評価者研修の内容・実施に関するアドバイス
       

    (2)被評価者の運用に関する留意点
       ・労働組合や被評価者から寄せられる意見・苦情への対応方法

4 体験による理解促進

    (1)目標例評価演習
       ・難易度評価基準の理解促進
       ・達成度評価基準の理解促進
    
    (2)行動例評価演習
       ・評価項目の定義・着目点の理解促進
       ・評価段階基準の理解促進

5 評価の処遇反映

    (1)評価の甘辛調整方法
       ・二時評価移行の調整
       ・部門間調整
  
    (2)昇給・賞与決定方法
       ・処遇反映別ウエイト設定
       ・絶対区分方法と相対区分方式
   
    (3)社員への処遇結果フィードバックのあり方


6 自社の人事評価制度構築・見直しのポイント

     (1)寛大化傾向、中心化傾向を防ぐ制度構築 
        
     (2)被評価者の納得性を向上させる制度構築
             
         
7 まとめと質疑応答


*現時点での予定であり、細部は変更となることがあります。 
   
        

     
参考URL
ダウンロード 実務担当者のための賃金_人事評価基礎セミナー(20170515.16).pdf
備考 ●参加のご案内(参加証・会場地図など)および請求書を、セミナー開催10日前より送付させていただきます。開催日が近づいてもご案内が届かない際は、お手数ですが担当者までご連絡下さい。

●参加費用は、請求書等に記載の金融機関へお振込下さい。(振込手数料は、お客様ご負担でお願い致します。)

●下記の日程よりキャンセル料金が発生します。ご了承下さい。(代理出席をご検討下さい。)


4月24日(月)〜4月28日(金):参加費の30%
5月 8日(月)〜実施の前   :参加費の50%
当日≪5月15日(月)or16日(火)≫:参加費の全額
  
  
問い合わせ先 雇用システム研究センター 担当:常盤、鷲主
TEL:03-3409-1123  FAX:03-3409-2617


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.