公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 1722
タイトル 公的団体・自治体における処遇反映制度の設計・運用強化セミナー
〜処遇反映に対する誤解が本格導入の弊害になっていませんか?〜
要約
対象 分野:人事・労務
スキル:考課者訓練,その他
階層:複数階層
開催形式
開催日程 2017年11月2日(木)10:00〜16:30
講師 日本生産性本部 認定経営コンサルタント 研究主幹  村上 和成
会場 日本生産性本部
東京都渋谷区渋谷3-1-1
Tel. 03-3409-1112
JR・東急・京王・東京メトロ 渋谷駅 徒歩8分
参加料 賛助会員:27,800円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:27,800円(税込)
*11月1日に開催する「業績評価/能力評価『再』構築セミナー」と同時にご参加の場合、参加費を各23,500円(計47,000円)に割引いたします。
内容 ======================================
     セミナー対象者
======================================

中央省庁 地方自治体、それに準じる公的機関の人事担当者

======================================
     セミナー3つのポイント
======================================
■人事評価制度の試行段階から「本格運用移行」に必須の「処遇反映制度」の効果的な設計と運用ノウハウを学べます。
■「評価と査定の違い」「評価シートから点数化する仕組み」などを理論、実践面から解説します。 
■本格導入にあたって、誤解されやすく様々な意見がでやすい処遇反映への対策が検討できます。自治体における事例もご紹介し、本格導入に向けたポイントを解説します。


======================================
     セミナープログラム
======================================

10:00〜12:00
【人事評価制度・処遇反映の基本構造とその意義】
 
1 人事評価制度の本質とは?

2 人事評価制度の内部構造

3 処遇反映における誤解と本質的意義

4 自治体における人事評価基準のあり方(適正評価実現の大前提)

13:00〜16:00
【処遇反映制度の設計と運用のポイント】
 
1 人事評価シートとは独立した仕組みとする
   〜処遇反映制度は計算ルールと恣意性排除のルールが基本〜

2 「人事評価シートの絶対評価」と「処遇反映の相対区分」
   〜職員の誤解が多いところ / 人件費予算と職員の頑張り〜

3 処遇決定における実際の手順
   〜人事評価決定の意味するもの、調整.決定権者の役割〜


【苦情処理制度の設計と運用のポイント】

1 組織内における苦情処理制度の意義と限界

2 苦情処理委員会のメンバーと委員会決定の効力

16:00〜16:30

【先進事例紹介&質疑応答】

≪参加者特典のご案内≫
 参加者特典としてセミナー前後の時間で個別相談会を開催します。
 事前予約が必要となりますので参加申込書よりお申込み下さい。
 
参考URL
ダウンロード 2017.11.2 公的団体・自治体における処遇反映制度の設計・運用セミナー.pdf
備考 ◎費用のお支払は、銀行振込にてお願い致します。

◎セミナー開催10日前をめどに、参加のご案内(受講票、会場案内図など)および請求書を郵送致します。ご案内がお手元に届かない際は、お手数おかけ致しますが、問い合わせ担当者へご連絡下さいますようお願い致します。

◎開催日7営業日よりキャンセル料金が発生致します。(代理出席をご検討ください)
 10月24日(火)〜10月27日(金)   参加費の30%
 10月30日(月)〜 11月 1日(水)   参加費の50%
     当日《11月2日(木)》    参加費の全額
問い合わせ先 公共部門人事支援センター
TEL:03-3409-1123  FAX:03-3409-2617


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.