公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 201703
タイトル 正社員・非正社員の均等待遇問題と雇用、処遇を考えるセミナー
〜政府12/20提示「同一労働同一賃金ガイドライン(案)」のポイントを含めて〜
要約 政府が推進する同一労働、同一賃金(待遇) の法的ポイントについて解説します。
対象 分野:人事・労務,労使関係
スキル:その他
階層:複数階層
ビジネスユニット:ワークライフ部
開催形式
開催日程 2017年3月2日(木)
10:30〜16:30
講師 根本 到 氏 (大阪市立大学 大学院 法学研究科 教授(法学博士))
会場 日本生産性本部
東京都渋谷区渋谷3-1-1
Tel. 03-3409-1121
JR・東急・京王・営団地下鉄 渋谷駅 徒歩7分 
参加料 賛助会員:29,160円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:33,480円(税込)
内容 ◇セミナーのポイント・特徴◇
・政府が推進する同一労働、同一賃金(待遇) の法的ポイントについて解説します。
・正社員・非正社員の均等待遇問題、平等取扱いについて解説します。
・雇い止めや解雇法制について学びます。

◇プログラム◇
<10:30開始>
1.同一労働、同一賃金原則の焦点<12/20ガイドライン(案)の解説)>
  ●基本的な考え方
  ●労使が直面する実務課題

2.正社員・非正社員の均等待遇、処遇上の課題
  ●有期雇用労働者の労働条件と労働契約法20条の「不合理」性
 (長澤運輸事件、ハマキョウレックス事件)
  ●パートタイム労働者の均等待遇(パート労働法8条、9条)

3.非正社員から正社員へ、雇い止め等の課題
  ●正社員への橋渡し、選択と法的解釈(労働契約法18条)
  ●雇い止めにかかわる法的解釈(労働契約法19条)

4.正社員、派遣社員の雇用問題
  ●派遣法改正と押えておくべき法的実務課題
  ●正社員の解雇論(金銭解決の方向性など)

<16:30終了>
参考URL http://www.jpc-net.jp/seminar/roushi.html
ダウンロード 正社員・非正社員の均等待遇問題と雇用、処遇を考えるセミナー(ご案内).pdf
備考 ◇参加要領◇
●お申込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。
●やむをえない事情により、プログラムの中止、内容・日程・講師などは変更することがございます。
●参加のご案内(参加証・会場地図等含む)および請求書は、開催1週間前をめどにお送りいたします。時期が来ても到着しない場合は、恐れいりますが、ご一報願います。
●参加お申し込み後のキャンセルは原則としてご遠慮いただいております。なお、代理の参加も不可能な場合は速やかにご連絡下さい。
その際、1週間前からキャンセル料が発生しますのでご注意下さい。
2月21日(火)〜 2月24日(金):参加費の30%
2月27日(月)〜 3月 1日(水):参加費の50%
当日《 3月 2日(木)》:参加費の全額
問い合わせ先 公益財団法人日本生産性本部
ワークライフ部 綱藤
TEL:03-3409-1121 FAX:03-3409-1606


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.