公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

事業コード J02
タイトル 労働組合の組織運営・実践力向上セミナー
‐PDCAサイクルの視点で議案書(運動方針・活動内容)の充実をめざす‐
要約 労働組合特有の組織運営構造や仕組み(理念〜ビジョン〜戦略〜活動)を学ぶとともに、効果的な運営方法(マネジメントサイクル)を学びます。
対象 分野:労使関係,組織活性化
スキル:マネジメントスキル全般
階層:複数階層
ビジネスユニット:ワークライフ部
開催形式
開催日程 2017年6月13日(火)
10:00〜17:00
講師 坂本  崇(さかもと たかし)氏 [株式会社マネジメントイノベーション 代表取締役コンサルタント]
会場 日本生産性本部 
東京都渋谷区渋谷3-1-1
Tel: 03-3409-1121
JR・東急・京王・営団地下鉄 渋谷駅 徒歩7分
参加料 賛助会員:32,400円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:37,800円(税込)
内容 【セミナーのポイント・特徴】
1、労働組合特有の組織運営構造や仕組み(理念〜ビジョン〜戦略〜活動)を学ぶとともに、効果的な運営方法(マネジメントサイクル)を学びます。
2、運動方針・活動内容を効果的に実践していくうえでのポイント(運動方針と組合活動の整合性・優先順位化、達成度・実現度の目標設定など)を学びます。
3、セミナー参加労組様の『議案書』(運動方針・活動内容)を題材に、これまでの『振り返り』を通して組合活動の質の向上、活性化の具体的な施策を認識し、実践に結びつける力を養います。

【プログラム】10:00〜17:00
1.労働組合の特徴を踏まえた組織運営のポイント
 *理念〜ビジョン〜戦略〜具体的活動の連鎖、整合性と一貫性を担保する
 *組合活動の質を向上させ、活性化させるために不可欠なマネジメントサイクル(PDCA)、その本来的な意味と活用

2.運動方針・活動内容の『質』の向上を図るためのポイント 
 (1)運動方針や活動内容についての『振り返り』とそのポイント
  運動方針をもとに…
  ○ 個々の活動の実行状況を確認しているか?
  ○ 個々の活動に優先順位がつけられているか?
  ○ 個々の活動について達成レベルが掲げられているか? など
 ※ 貴労組の運動方針や組合活動をもとに、全体的な振り返りの「視点」を確認します。

 (2) PDCAサイクルの視点からみた組合活動の振り返りとそのポイント
  ※ 議案書に掲載される個々の活動、その内容を構造化(見える化)するために、マネジメントサイクル(PDCA)を応用した「フォーマット」を活用した具体的な振り返りと問題発見を行い、新たな発見・気づきを得ます。

≪参加者の声≫
・活動チェックシートの記入を通じて、PDCAサイクルの重要性を再認識できました。
・これまで目的・目標が分かりづらい活動をしてきたことに気付けました。
・活動方針のフォーマットを今後の活動の中でも活用したいと思います。
・他産業の労組の方々と情報交換でき、議案書作成にむけて参考になりました。
参考URL http://www.jpc-net.jp/seminar/roushi.html
ダウンロード 労働組合の組織運営・実践力向上セミナー(ご案内).pdf
備考 ◇参加要領◇
●議案書をご持参下さい。
●お申込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。
●やむをえない事情により、プログラムの中止、内容・日程・講師などは変更することがございます。
●参加のご案内(参加証・会場地図等含む)および請求書は、開催一週間前をめどにお送りいたします。時期が来ても到着しない場合は、恐れいりますが、ご一報願います。
●参加お申し込み後のキャンセルは原則としてご遠慮いただいております。
その場合は代理の出席をご検討下さい。
※なお、1週間前からキャンセル料が発生しますのでご注意下さい。
6月 2日(金)〜 6月 7日(水):参加費の30%
6月 8日(木)〜 6月12日(月):参加費の50%
当日《 6月13日(火)》:参加費の全額
問い合わせ先 公益財団法人日本生産性本部
ワークライフ部 春日
TEL:03-3409-1121 FAX:03-3409-1007


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.