公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

事業コード 201709
タイトル 成果を出しつづける人材を育成するキャリア開発のポイント
〜キャリア開発制度からキャリア研修まであらゆる打ち手を半日で〜
要約
対象 分野:人事・労務
スキル:その他
階層:複数階層
ビジネスユニット:ワークライフ部
開催形式
開催日程 2017年9月21日(木)
(13:30〜17:00)
講師 公益財団法人日本生産性本部 人材開発コンサルタント  栗林 裕也
会場 日本生産性本部
東京都渋谷区渋谷3-1-1
Tel. 03-3409-1121
JR・東急・京王・東京メトロ 渋谷駅 徒歩7分
参加料 賛助会員:10,800円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:13,000円(税込)
内容 ≪セミナーの特徴≫
 新入社員からまもなく定年をむかえる社員まで、キャリアステージごとに求められる課題を自ら意識し、会社を去るその日まで成長を続け、組織の期待する成果を出しつづけることができる人材は、どうすれば育成することができるのでしょうか。
 本セミナーではこの命題に対し「キャリア開発」を切り口として、取り組む施策とポイントを解説します。制度のあり方や運用、関連するキャリア研修を企画する際のポイントなど、具体的な実現策をお伝えいたします。

≪このような課題意識をお持ちのご担当者様におススメ!≫
・シニア社員など特定の世代でモチベーションが低下し、生産性が低下する現状を何とかしたい。
・中長期の視点で計画的に人材を育てる方法を学びたい。
・成果をあげるキャリア開発制度(CDP制度)のモデルを具体的に知りたい。
・自社のキャリア開発制度や研修を見直すにあたり、ポイントを知りたい。
・人材を育てるのが上手な管理職、先輩社員を増やしたい。

≪セミナーのプログラム≫
13:00開始

1.そもそもキャリア開発支援とは
 (1)キャリア開発の本質とは
 (2)キャリア開発のねらい
 (3)成功するキャリア開発と失敗するキャリア開発

2.キャリアに関する知識
 (1)内的キャリア・外的キャリア
 (2)キャリア形成の3つの軸
 (3)世代ごとの発達課題

3.施策ごとのポイント
 (1)キャリア開発施策の全体図
 (2)キャリア開発施策の成果をアセスメントする方法
 (3)キャリア開発制度の種類とポイント
 (4)能力開発の考え方
 (5)世代ごとのキャリア研修のポイントとモデルカリキュラム

17:00終了

※セミナー内容は予告なく内容が変更になる場合があります
参考URL http://www.jpc-net.jp/seminar/roushi.html
ダウンロード 20170921.pdf
備考 ◇参加要領◇
●お申込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。
●やむをえない事情により、プログラムの中止、内容・日程・講師などは変更することがございます。
●参加のご案内(参加証・会場地図等含む)および請求書は、開催一週間前をめどにお送りいたします。時期が来ても到着しない場合は、恐れいりますが、ご一報願います。
●参加お申し込み後のキャンセルは原則としてご遠慮いただいております。
その場合は代理の出席をご検討下さい。
※なお、代理の参加も不可能な場合は速やかにご連絡下さい。
 その際、7営業日前からキャンセル料が発生しますのでご注意下さい。
開催日7営業日前〜4営業日前:参加費の30%
開催日3営業日前〜前日:参加費の50%
開催日当日《9月21日(木)》:参加費の全額
問い合わせ先 公益財団法人日本生産性本部
ワークライフ部 伊藤
TEL:03-3409-1121 FAX:03-3409-1007


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.