公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

事業コード 201709
タイトル 労働組合活動としての職場のメンタルヘルス対策セミナー
〜ストレスチェック義務化から1年!〜
要約 組合員の健康確保・増進と生産性向上の視点から、メンタルヘルス活動の重要性と労働組合の役割を考えます。
対象 分野:労使関係,メンタルヘルス
スキル:メンタルケア,メンタルヘルス
階層:複数階層
ビジネスユニット:ワークライフ部
開催形式
開催日程 2017年9月28日(木)
18:00〜20:30
講師 飯田 進一郎((公財)日本生産性本部 メンタル・ヘルス研究所 研究主幹)
会場 日本生産性本部
東京都渋谷区渋谷3-1-1
Tel. 03-3409-1121
JR・東急・京王・営団地下鉄 渋谷駅 徒歩7分
参加料 賛助会員:12,960円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:16,200円(税込)
内容 【セミナーのポイント・特徴】
1、組合員の健康確保・増進と生産性向上の視点から、メンタルヘルス活動の重要性と労働組合の役割を考えます。
2、職場を取り巻く近時の状況を理解し、メンタルヘルスの基礎知識を紹介し、組合活動の実践に寄与します。
3、ストレスチェック制度2年目の課題を整理し、有効活用を目指すために、メンタルヘルス不調の未然防止を達成する働きやすい職場環境づくりを考えます。

【プログラム】
18:00開始

1.職場メンタルヘルスの基礎知識
   ・押さえておきたいポイント、知識のアップデート
     ○ 職場を取り巻く状況
     ○ 知っておきたいキーワード(安全配慮義務、予見可能性)
     ○ 職場でみられる心の病(うつ、新型うつなど)

2.ストレスチェック制度の取り組みを活かす
   ・ストレスチェック制度の課題(本来の趣旨はなにか)
   ・組合員にも経営としてもメリットのある活用とは

3.いきいき働ける職場づくりを目指して
   ・職場のリスク評価に基づく実態把握の重要性
   ・職場環境改善を通じた組合員のメンタルヘルス向上

4.職場メンタルヘルスにおける労働組合の役割
   ・労使協議などを通じて制度(システム)面で取り組むべきポイント
   ・日常における職場の組合活動で取り組むべきポイント

20:30終了    
参考URL http://www.jpc-net.jp/seminar/roushi.html
ダウンロード 労働組合活動としての職場のメンタルヘルス対策セミナー(ご案内).pdf
備考 ◇参加要領◇
●お申込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。
●やむをえない事情により、プログラムの中止、内容・日程・講師などは変更することがございます。
●参加のご案内(参加証・会場地図等含む)および請求書は、開催1週間前をめどにお送りいたします。時期が来ても到着しない場合は、恐れいりますが、ご一報願います。
●参加お申し込み後のキャンセルは原則としてご遠慮いただいております。
その場合は代理の出席をご検討下さい。
※なお、1週間前からキャンセル料が発生しますのでご注意下さい。
9月19日(火)〜 9月22日(金):参加費の30%
9月25日(月)〜 9月27日(水):参加費の50%
当日《 9月28日(木)》:参加費の全額
問い合わせ先 公益財団法人日本生産性本部
働き方改革推進センター 春日
TEL:03-3409-1121 FAX:03-3409-1606


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.