公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 4A01
タイトル グローバル・マネジメント・スキルセット研修
海外業務が効率的に進められるようになる
要約 海外事業に携わるなかで、すぐに活用できるツール、スキルを学びます。国内とは異なる、外国人との業務の進め方や、海外現地での効果的に仕事をするスキルを経験・体験豊富な講師から学びます。
対象 分野:営業・マーケティング,人事・労務,経営戦略,組織活性化,国際交流
スキル:プロジェクトマネジメント,ロジカルシンキング,プレゼンテーション,ビジネスディベート,ビジネスマナー,リーダーシップ,ビジネスライティング,マネジメントスキル全般,その他
階層:新入社員,中堅社員,管理監督者,経営者,複数階層
開催形式
開催日程 2017年7月12日(水)9:00-17:00 
講師 筒井 健太(日本生産性本部 主任経営コンサルタント)
会場 日本生産性本部
東京都渋谷区渋谷3-1-1
Tel. 03-3409-1112
JR・東急・京王・東京メトロ 渋谷駅 徒歩8分
参加料 賛助会員:32,400円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:35,640円(税込)
内容 こんなお悩みはありませんか?
・海外現地スタッフ・現地社員との関係構築の仕方がわからない。
・海外業務において伝えた意図が相手に十分に伝わらず、業務を進めてくれない。
・意見や利害の対立にどう対応していいのかわからない。

これは、国外で通用する「マネジメント・スキル」の欠如が多くの原因です!
当研修では、海外現地社員との仕事で成果を上げるために欠かせない「グローバル・マネジメント・スキルセット」を獲得します。

◎対象
海外現地社員・スタッフとの業務遂行にあたっての悩み・課題をお持ちの方、経験年数の少ない海外赴任者・出張者、グローバル人材候補者 等

◎特徴
1.語学力ではなくマネジメントのスキル
2.演習が主体でより実践的
3.アウトプットを研修後に活用しやすい
4.海外業務で活躍している日本人コンサルタントが開発

◎プログラム概要:
※下記のような各スキルをそれぞれ講義・演習のセットで次々に学んでいきます。演習の内容あるいはアウトプットを受講生がそのまま業務に活用できます。

1.コミュニケーションスキル
・自己自慢スクリプト:外国人に対する印象を残すことのできる自己紹介の台本を作成する
・Active Listening:異なる価値観が起因の心のバリアを除去して関係を強化する

2.インストラクションスキル
・SMARTゴール:異なる文化や価値観を持つチームで適切な目標を設定し、最大成果を得る
・Will/Skillマップ:組織全体の人材分析により人材育成や働きかけを効果的にする

3.異文化対応スキル
・コンフリクトリゾリューション:自分のスタイルを知り、意見や利害の衝突を解消する
・日本のビジネス文化の強み:自分も知らない日本の強みを自分の強みにして尊敬される行動へ

4.チーム・リーダーシップのスキル
・ビデオテスト:ビデオに記録できるような客観的な事実根拠によるフィードバックで行動変化を促進する
・Progress Principle:継続的な改善を促し、仕事の満足度やモチベーション向上を高める

◎ご参加者の声
実務で経験したメール事例だったため、納得できる内容であった(半導体関連)
仕事量を減らす、連絡漏れをなくす。大変参考になった。(土木)
他の人の考えた方がよくわかる。(電機精密)
ラテラル法は参考にしたいです。(住宅)
プレゼンスタートにあたって何となく自己紹介をやっていたが、明確な戦略モデルができたので大変有益であった。(コンサルティング)
仕事の進め方を見直すことができた。(印刷)
意志を明確に伝える手段として活用したい。(エネルギー)
自身のリーダーシップタイプを確認できてよかった。(電子部品)
初めて聞いたことだったが非常にわかりやすかった。(食品・飲料)
わかっていたことだが実例としてワークしてみると実感としてわかり、またあらためて身につくように思われた。(電機精密)
こういうことが必要であるという意外性が新鮮だった。(化学)
具体的かつ汎用性ある手法であった。(保険)
相手に自分の信条を伝えるには良い方法である。(医療機器)
こうしたスキルは新鮮な概念であった。(精密)
役立つことが実感できた。(機械)
大変面白い考え方でまた納得できた。(化学)
実務的な内容がよかった。(食品)



◎講師略歴
筒井 健太(日本生産性本部 主任経営コンサルタント)
国際基督教大学卒業、米国ニューヨーク州立大学バッファロー校MBA修了。大学卒業後、大手電機メーカーにて情報通信機器のグローバル事業に関わり、米国・欧州・中国・台湾・東南アジア向けのプロジェクトに従事。途中で北京駐在も経験。外資系コンサルティング会社を経て現職。これまでの業務経験を活かし、海外でも通用するロジカルな思考プロセス、問題解決手法、プロジェクト管理、コミュニケーション等の研修に従事。

※注
グローバル・マネジメント・スキルセット100
グローバル業務を進めるにあたって、知っていたり活用するとよりスムーズに仕事が進められるスキルの集合体のことです。日本生産性本部では、海外経験豊富なコンサルタントたちが自ら活用してきたさまざまな知識やツールを「グローバル・マネジメント・スキルセット100」として選定中です。大きくは、異文化適応スキル、コミュニケーションのスキル、インストラクションのスキル、チーム・リーダーシップのスキルの4つの領域に分類されます。
参考URL http://consul.jpc-net.jp/mc/index.html
ダウンロード 【パンフレット】グローバルマネジメントスキルセット.pdf
備考 ※キャンセル規定
参加者のご都合がつかない場合は、代理の方がご出席いただけるようにお願い致します。代理の方のご出席も難しい場合は、開催日の8営業日前までにご連絡ください。それ以降はキャンセル料を承ります。

※サプライチェーンマネジメントの国際資格APICSのCPIM/CFPIM/CSCP/CLTDをお持ちの方は、本研修受講により、7 professional development pointsを獲得できます。
問い合わせ先 公益財団法人日本生産性本部 グローバル・マネジメント・センター(深谷、平井、福田)
TEL:03-3409-1130
FAX:03-3797-1810
E-mail:gmc@jpc-net.jp


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.