公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

事業コード 210-3F17
タイトル Active Work Place研究会
〜「健康いきいき職場づくり」の方法論を学び、実践する〜
要約 健康と生産性向上の両立を目指す「健康いきいき職場づくり」を組織内で具体的に展開するための理論と方法論を1年間で詳しく学びます
対象 分野:人事・労務,経営戦略,労使関係,組織活性化,メンタルヘルス,総合,その他
スキル:経営品質・アセスメント,長期研修,モチベーション,リーダーシップ,メンタルケア,メンタルヘルス,マネジメントスキル全般,カウンセリング,その他
階層:中堅社員,管理監督者,経営者,複数階層,その他
ビジネスユニット:経営開発部
開催形式
開催日程 2017年7月 6日(木)
   7月31日(月)-8月 1日(火)【合宿】
   9月13日(水)
   10月 5日(木)
   11月 6日(月)
2018 1年11日(木)
   3月 ※日程後日決定
   6月 ※日程後日決定
講師 東京大学大学院医学系研究科精神保健学分野 教授 川上憲人氏、 同准教授 島津明人氏、一橋大学大学院商学研究科 教授 守島基博氏
会場 日本生産性本部 セミナー室(東京 渋谷)
日本生産性本部 経営アカデミー(東京 丸の内)
生産性国際交流センター(神奈川 葉山)
ほか
参加料 賛助会員:432,000円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:540,000円(税込)
健康いきいき職場づくりフォーラム協賛会員は324,000円、組織会員は432,000円でご参加いただけます。1組織より2名ご参加いただけます。
内容 【ご参加のご案内】
職場のメンタルヘルス向上や組織の活性化の方法として、「健康いきいき職場づくり」が注目されています。職場のメンタルヘルス向上のためには、これまでの「個人の不調への対応」や「ストレス対策」から幅を広げ、「働く人の心身の健康」とともに、「働く人のいきいき(ワーク・エンゲイジメント)」と 「職場のいきいき(職場の一体感)」を充実させることが重要です。
本研究会では、個人がいきいき働きながら、同時に組織の生産性やパフォーマンスを向上させる「健康いきいき職場づくり」を、組織内で実践するための理論と方法論を詳しく学びます。本研究会の目的は、組織で健康いきいき職場づくりを推進するための行動計画を策定し、実践に移すことです。講師陣による最新理論の講義を始め、方針の立案、具体的施策の検討などをグループワークで議論します。参加者同士で考えを共有しながら、良い事例を学び合い、各組織の実情に合った「健康いきいき職場づくり」を実現することを目指します。
「健康いきいき職場づくり」に興味をお持ちで、組織での具体的な実践を検討している皆様、健康経営を推進されている皆様、働き方改革に取り組まれている皆様、ポジティブメンタルヘルスの視点でストレスチェックの有効活用を検討されている皆様、有効な考え方や方法論をお伝えし、またご一緒に議論を進めたく、ぜひご参加ください。

●プログラムは、全8回(うち合宿1回)です。
詳細は、参考URLをご覧いただくか、PDF資料をダウンロードしてください。

【研究会の特徴】
1.行動計画の立案・実行・・・研究会の会期を通じて組織としての行動計画を策定いただきます。

2.8つのステップと6つの基準・・・健康いきいき職場づくりを推進する際の標準的な8つのステップと6つの基準を習得いただけるカリキュラムにより、何から取り掛かるべきかの優先順位をつけやすくなります。

3.実践課題・・・毎回出される課題により、自組織の資源を振り返り、自組織に合った行動計画が策定できます。

4.2名でのご参加・・・自組織に戻った時に、学びを共有した方がいることで、企画検討や社内調整、実行が楽に早くできるようになります。

5.参加者同士の学び・・・同じ目的を持った、全く別の組織の方々と学びを共にすることで、他社事例を多く学び、また自社の良さを客観視することができます。
参考URL http://www.ikiiki-wp.jp/tabid/96/Default.aspx
ダウンロード 【ご案内】第5期Active Work Place研究会.pdf
備考 本研究会は1組織より2名でのご参加をお願いいたします。
宿泊費用、懇親会飲食費は実費を頂戴します。
問い合わせ先 経営開発部内
健康いきいき職場づくりフォーラム事務局
中村・平澤・尾崎
03-3409-1127 Y.Honma@jpc-net.jp


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.