公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

事業コード 9999
タイトル 戦略的コーポレートガバナンスセミナー
グローバル競争に打ち勝つガバナンスを探究する
要約
対象 分野:経営戦略,総合,その他
スキル:長期研修,その他
階層:経営者
ビジネスユニット:経営開発部
開催形式 月例会
開催日程 2017年7月〜12月 8時30分〜10時30分
講師
会場 日本生産性本部 経営アカデミー

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル6階

東京メトロ丸の内線 東京駅(北口バスのりば方面出口または1出口) 徒歩2分
東京メトロ東西線 大手町駅(B2b出口) 徒歩1分
東京メトロ半蔵門線 大手町駅(B2bまたはB1出口) 徒歩4分
東京メトロ三田線 大手町駅(B2bまたはB1出口) 徒歩7分
東京メトロ千代田線 大手町駅(B2bまたはB1出口) 徒歩7分

 ※JR東京駅丸の内北口より徒歩3分/大手町駅直結
参加料 賛助会員:135,000円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:162,000円(税込)
内容 ●開催趣旨

コーポレートガバナンス・コードが導入され、上場企業は更に透明性の高い経営が求められる一方、グローバル競争に勝っていくために「稼ぐ力」を同時に磨いていく必要があります。
そのためには、経営陣が、コーポレートガバナンスの理解をはじめ、グローバルな事業展開を進めていく上での課題を的確に認識し、意思決定を行っていくことが必要です。
本セミナーでは、第一線の研究者や専門家の方々を講師としてお招きし、コーポレートガバナンスに関する理解を深めるとともに、グローバル展開していく上でのガバナンス上の課題を解決するヒントをご提示することを目的に開催いたします。

●内容

7月20日(木)「海外子会社のコンプライアンス経営」
講師 プラムフィールドアドバイザリー株式会社 代表取締役 君野 匠 氏

新興国の事業が拡大する一方、コンプライアンスの取り組みは事業展開についていけずに各種問題が露呈し、喫緊の経営課題となっています。新興国では商慣習や価値観の違いもあり、従業員の倫理観等の意識浸透も途上にあると考えます。新興国において安定した経営の根幹となるコンプライアンス経営を実現するための要諦をお伝えします。

8月8日(火)「経営判断に求められる情報セキュリティの知識と心得」
講師 NTTデータ先端技術株式会社 代表取締役社長 三宅 功 氏

近年情報漏えいが頻発し、経営の根幹を揺るがす事態となり、情報セキュリティに関する関心が高まっています。実際に情報セキュリティ上の危機が発生した場合は、情報システム担当だけではなく、経営陣による判断の巧拙が事態を大きく左右します。情報セキュリティの専門家であると同時に経営者である講師より経営判断に必要な知識と心得をお伝えします。

9月7日(木)「M&A後の有効なガバナンス方法」
講師 首都大学東京大学院 社会科学研究科 教授 松田千恵子 氏

M&Aが経営戦略の打ち手として一般化され、クロスボーダーM&Aも増加する一方、買収した企業へのガバナンスが有効に機能せず、買収時の計画ほどの成果を出せない事例が多くなっています。被買収企業の投資家としての活動を行っていないと指摘する講師より、企業価値向上のためのプラットフォーム整備と企業理念の追求を2軸とした有効なガバナンス方法についてお伝えします。

10月30日(月)「子会社管理とガバナンス」
講師 東洋大学 国際学部 グローバル・イノベーション学科 教授 毛利 正人 氏

コーポレートガバナンス・コードに対応して、各社におけるガバナンス体制の構築が進む一方、昨今は海外子会社の不正が親会社の経営に大きな影響を与える事例が散見され、次の課題としてグループ企業全体のガバナンスをデザインしていくことが求められつつあります。同分野の専門家として、国内外で内部監査、リスクマネジメント、コーポレートガバナンス体制の導入などのプロジェクトを数多く実施している講師からそのポイントをお伝えします。

11月29日(水)「社外取締役を活用したガバナンスのあり方」
講師 西村あさひ法律事務所 パートナー/弁護士 武井 一浩 氏

コーポレートガバナンス・コード制定を契機に、日本でも社外取締役を設置する企業が増加しましたが、役割が不明確、経営情報が社外取締役に伝わらないために有効に機能していない事例も発生しています。社外取締役の役割は利益相反を監視・監督し、外部の目でリスクをとる経営にアドバイスを行うことであると主張する講師より、社外取締役を有効に活用するためのポイントをお伝えします。

12月22日(金)「企業経営と知財戦略」
講師 東京大学 政策ビジョン研究センター 教授 渡部 俊也 氏

グローバルな事業展開を進めていく上で、いま知財戦略の重要性が増しています。先進的な製品開発を進めていくためには、社内のみならず社外ネットワークとの積極的な技術協力・提携が求められるようになる一方、海外での事業展開では模倣品被害や技術ノウハウの流出が懸念されるなど、様々な場面で自社の競争優位の根幹に関わる知的財産をいかに守り、有効に活用していくかが問われています。このような国内外の現状と課題を踏まえつつ、知財戦略のポイントを同分野の第一人者である講師からお伝えします。
参考URL
ダウンロード 戦略的コーポレートガバナンスセミナー.pdf
備考 1.参加費:お申込人数枠に応じて下記金額を申し受けます。参加費には配布資料代・消費税(8%)が含まれます。

お申込人数 賛助会員1社1名135,000円、1社2名以上108,000円(ひとりあたり)

      一 般  1社1名162,000円、1社2名以上135,000円(ひとりあたり)

2.参加者は役員・監査役(社外取締役・社外監査役・執行役員を含む)の方のみとさせて頂きます。事前にお申込人数枠に応じて代表者のご登録をお願いします。その上で、お申込人数枠内でご登録者、及び他の役員・監査役の方に各回にご出席頂くことができます。

3.お申込み後、ご参加できなくなった場合、開催日より8営業日前までに、事務局までご連絡ください。それを過ぎますとキャンセル料を申し受けます。詳細は事務局までお問い合わせください。
問い合わせ先 経営開発部 桶川啓二
TEL 03-3409-1118


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.