公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 220-3BAD
タイトル 法&医の観点から探るメンタルトラブル対応
職場のメンタルトラブル対応シリーズ3
要約
対象 分野:人事・労務,経営戦略,労使関係,メンタルヘルス
スキル:モチベーション,考課者訓練,目標管理,メンタルケア,メンタルヘルス,マネジメントスキル全般,カウンセリング,その他
階層:複数階層
ビジネスユニット:ヘルスケアマネジメントセンター
開催形式
開催日程 2012/09/07 14:00〜18:00
講師 弁護士 丸尾 拓養氏 日本精神保健福祉連盟常務理事 大西 守氏
会場 日本生産性本部
東京都渋谷区渋谷3-1-1
Tel. 03-3409-1112
JR・東急・京王・東京メトロ 渋谷駅 徒歩8分
参加料 賛助会員:25,000円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:30,000円(税込)
メンタルヘルス利用会員 官公庁 労働組合 健保組合 25000円
内容 14:00〜15:00 法務の視点で見るメンタルリスクの実情
15:10〜16:10 医学の観点で着目する各種メンタル症例
16:20〜17:50 対論 法医の観点から探るメンタルトラブル対応
17:50〜18:00 質疑応答・相談会

「メンタルヘルス」は、個人レベルで見た場合には、個々の健康管理に属する問題です。しかし、職場単位で捉えなおしたときには、安全配慮義務、労災、各種訴訟リスクなど、組織全体の問題として対応をとる必要が出てきます。そのため、人事総務部門としても、多様な観点での対応が求められています。
本講座では、日々発生する職場のメンタルトラブルに関して、法(弁護士)・医(精神科医)の観点から、現下の論点、組織として望まれる対応方法についてご紹介します。健全な組織運営を進める一助として、本講座をご活用いただければ幸いです。
参考URL http://consul.jpc-net.jp/mental/seminar.html
ダウンロード 法務セミナー12.pdf
備考 シリーズでの開催。1回から参加可能。1組織で3回参加の場合割引あり。詳細はお問い合わせください。
問い合わせ先 メンタルヘルス推進センター


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.