公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 220 3BAD
タイトル 心理分析からみる問題社員対策セミナー
部下指導の新たなポイント
要約 職場で対応に苦慮する問題社員、メンタルヘルスの問題も考えられ、心理分析を考慮することが必要。
対象 分野:メンタルヘルス
スキル:メンタルヘルス,カウンセリング
階層:複数階層
ビジネスユニット:ヘルスケアマネジメントセンター
開催形式
開催日程 2012年9月4日(火)13:00-17:00
講師 清水 武夫
会場 日本生産性本部 経営アカデミー 東京・丸の内
〒100−0005 
千代田区丸の内1−6−2 新丸の内センタービル6階
03−5221−8455
参加料 賛助会員:21,000円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:25,000円(税込)
内容 5.プログラム
(1)問題社員対応の基本
1.心構え
対応するスキルと自身の姿勢を整える
2.手順
 感情面を捉えた事情の聴取、事実確認と解決手段、言いづらいこと  を伝える  
3.問題社員の心理
 人間関係の未熟さが問題を起す 
(2)問題社員タイプ別対応スキル
  相手に見合った対応の必要性 3つのタイプ
1.一般型問題社員
 一時的な感情のこじれ。誠意を持って対処
2.神経症型問題社員
 不安から来る完璧主義。傾聴でふれあいを得てから対処。
3.対応困難型問題社員
 人の意見を受け付けない。ルールに基づく対処。
(3)問題社員への対処方法
   対決の意義 考え方の相違に決着をつける
   1.社員の身になって
   2.自分の出来ることを
   3.自己主張を恐れない

(4)Q&A形式による対応例研究
  皆様のご質問について先生のご経験を踏まえたアドバイスをいただ  きます。
  日頃抱えている悩みや課題を是非お聞かせ下さい。
  (休憩時間に質問用紙に記入いただき回収します。)
参考URL http://www.js-mental.org/seminar.html
ダウンロード
備考
問い合わせ先 メンタルヘルス推進センター 茨
03−3409−1128


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.