公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 220-3AAA
タイトル 第34回 メンタルヘルス大会
「現場」視点に立つメンタルヘルスへの転換
要約
対象 分野:人事・労務,メンタルヘルス
スキル:メンタルケア,メンタルヘルス,マネジメントスキル全般
階層:中堅社員,管理監督者,経営者
ビジネスユニット:ヘルスケアマネジメントセンター
開催形式
開催日程 2012年9月18日(火)9:30〜17:30
講師 内容を参照
会場 日精ホール
(東京都品川区大崎1−6−3 日精ビル内)
JR山手線 大崎駅 東口より徒歩3分
参加料 賛助会員:28,000円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:32,000円(税込)
健康保険組合、労働組合および官公庁自治体 28,000円 メンタルヘルス利用会員25,000円
内容 09:30
1.開会宣言

09:30〜10:30
2.特別講演 満足を越える「感動」ある会社づくりのために

働く個々人の夢の実現を支援しつつ、組織を日々成長させていくために、それを支える人材育成をいかに展開するか、厳しい環境の中で企業・組織は今こそ何を大切にしなくてはならないかをお話しいただきます。

株式会社スーパーホテル 会長  山本 梁介 氏
(2009年度日本経営品質賞受賞)


10:40〜11:50 
3.基調講演 強い産業人を作る生活習慣 −ストレス耐性と睡眠の科学−

厳しい企業環境の中で、各社ともに精神的不調者の症例対応に追われています。その一方で、企業にとっては組織そのものをいかに活性化するか、その中で個人個人がいかに充実感を持って働くかという問題も重要なテーマです。産業人が健全な職業生活を送るために、健康の観点から何が必要なのかをお話しいただきます。

獨協医科大学 越谷病院こころの診療科 教授 井原 裕 氏


13:15〜15:00 
4.シンポジウム 「産業現場が必要とする専門家の条件」

産業界の深刻なメンタルヘルス問題に対して、多くの専門家がそれぞれ関わっていますが、本当にそれが現場のニーズを満たしているかというとまだまだというのが現場の実感なのではないでしょうか。専門家と言われる人たちがその専門性をいかんなく発揮し、産業現場のために充分機能するためには何が課題になり、そこで必要とする専門家の条件とは何なのか、この問題を現場視点で考え、議論したいと思います。

株式会社日立ソリューションズ人事サポート部 主任 手塚 昌之 氏
社団法人日本産業カウンセラー協会 こころの耳ポータルサイト事務局長 石見 忠士 氏
メンタル・ヘルス研究所 研究主幹 根本 忠一
*コーディネーター  株式会社ジャパンEAPシステムズ 取締役副社長 臨床心理士 松本 桂樹 氏


15:15〜17:15 
5.取組事例・パネルディスカッション 
「活力ある職場づくりのためのメンタルヘルスの課題と方策」

メンタルヘルスを単なる疾病対策としてだけではなく、組織の改善と人材開発の課題として取り組んでいる組織事例を紹介します。それぞれの組織の考え方から、組織の活性化、個の育成支援、不調者への対応まで組織としてメンタルヘルスに取り組むことの意義と必要性を皆様とともに考えます。

コクヨ株式会社 人財開発部 課長 五十嵐 徹 氏
クラシエホームプロダクツ株式会社 THP担当 森山 眞治 氏
生活協同組合コープぎふ 人事部 部長 近藤 真司 氏
*コーディネーター 本間 友貴(メンタル・ヘルス研究所)

17:15〜17:30 
6.閉会の挨拶 
参考URL http://www.jpc-net.jp/mental/index.html
ダウンロード メンタルヘルス大会2012パンフレット.pdf
備考
問い合わせ先 メンタル・ヘルス研究所
03-3409-1127,1128


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.