公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 3BAD
タイトル 効果的なコミュニケーションによるピープルマネジメント強化セミナー
原則無視のコミュニケーションが人間関係を崩壊させ、メンタル不調者を生み出している
要約 伝わるコミュニケーション力が身につき、部下・後輩の職場適応を促進し、メンタル不調を予防します。
対象 分野:メンタルヘルス
スキル:メンタルヘルス,マネジメントスキル全般
階層:複数階層
開催形式
開催日程 2012年11月14日(水)
講師 (株)マネジメントイノベーション 代表取締役 坂本 崇
会場 日本生産性本部 経営アカデミー 東京・丸の内
参加料 賛助会員:25,200円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:31,500円(税込)
資料代が含まれています。
内容 〜 プログラム〜
1. ピープル・マネジメントとコミュニケーション(リーダーの役割)
リーダーの役割として、部下やメンバー育成のためにコミュニケーションを行うことの重要性を知り、その理解を深める。
2. 対人コミュニケーション分析(TA)
交流分析を用いて、自身の対人態度の分析を行うことで自己理解を深めつつ、コミュニケーションの原則など基礎的な知識を取得し、人間関係を築いていく基本的なスキルの理解に努める。
3. 職場の部下やメンバーの状況分析(部下やメンバーの成熟度の見える化)
部下やメンバーの成熟度分析にもとづき、部下や後輩の状況に応じて取るべきコミュニケーションが異なることを理解し、部下やメンバー個々の今後の成長促進につながる働きかけを検討する。
4-1. コミュニケーションの基本的スキル 1.「聴くスキル」
 聴くとは「相手が自分自身を理解し、自信ある行動がとれるよう助力すること」を理解し、そのスキルを知る。
 ワークショップ1「聴く」
ロールプレイを通じて聴く姿勢や基本的なスキルを体験し、効果や効能を実感する。
4-2. コミュニケーションの基本的スキル 2.「訊くスキル」
 訊くとは「相手の考えや気持ちを相手自身で気がつくために問いかけ、相手の気づきを誘発すること」を理解するとともに、そのためのスキルを知る。
ワークショップ2 「訊く」
ロールプレイを通じて質問の基本的なスキルを体験し、効果や効能を実感する。
4ー3.総合演習「相手のことを聴き、訊くことによる効果的なコミュニケーション」
「聴く」、「訊く」のスキルを活かして、「効果的なコミュニケーション」を実践する。
参考URL http://www.js-mental.org/
ダウンロード ピープルマネジメント力強化セミナー20120912.pdf
備考
問い合わせ先 (財)日本生産性本部
メンタルヘルス推進センター
担当 茨(いばら)
電話03−3409ー1128


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.