公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 220-3AAA
タイトル メンタルヘルス職場復帰セミナー【原則編】
「職場復帰の新たな原則と運用の確立のために」
要約 人事総務部門のご担当者、管理監督者(メンタルヘルスに関わる管理部門のご担当者含む)を対象に、現実的な職場復帰のあり方を示し、今後の対応にお役立ていただく。
対象 分野:人事・労務,メンタルヘルス
スキル:メンタルケア,メンタルヘルス,マネジメントスキル全般
階層:中堅社員,管理監督者,経営者,複数階層
ビジネスユニット:ヘルスケアマネジメントセンター
開催形式
開催日程 2013年10月3日(木)13:30-17:30
講師 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 岡山県地域医療支援センター岡山大学支部 助教 岩瀬 敏秀 氏
会場 日本薬学会・長井記念館(東京・渋谷)
〒150-0002  東京都渋谷区渋谷2-12-15
電話03-3406-3326 
参加料 賛助会員:20,000円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:25,000円(税込)
生産性本部賛助会員、メンタル・ヘルス利用会員、労働組合、官公庁;20,000
内容 13:30〜14:50 「職場復帰(復職)の原則・ルール」
             〜『職場は働く場』という立場から考える
 今後の職場復帰のあり方を考える際、今一度、「職場は働く場」という原点に立ち返り、組織が、職場復帰に際して踏まえるべき「原則」を明らかにし、原則どおり運用するための実際上の留意点を整理します。

15:00〜16:00 <グループ交流>
 参加者の皆様にグループに分かれていただき、復職をめぐる意見交
換を通じて、高尾先生への質問を整理していただきます。

16:00〜17:30「職場復帰(復職)の実際を考える」 <含む質疑応答>
 不完全労務提供の受領、復職の3要件等の、職場復帰(復職)の実際の対応について、現実的な対応策を考えます。また、<グループ交流>で集約されたご質問にもお答えいただきます。

《進 行》日本生産性本部 メンタル・ヘルス研究所
                     フェロー 今 井 保 次
参考URL
ダウンロード 職場復帰セミナーパンフ.pdf
備考 ○対象
・主に人事総務部門に所属されるご担当者(保健医療スタッフの方を含 む)
・管理監督者(メンタルヘルスに関わる事業所の管理部門のご担当者を 含む)
・その他;このテーマにご関心のある組織人(企業、官公庁、自治体、 労組等)
問い合わせ先 メンタル・ヘルス研究所(太田)
03-3409-1128


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.