公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 220-3AAA
タイトル 第62回メンタルヘルス職場対応セミナー
あなたの質問に専門家が直接お答えします!
要約
対象 分野:人事・労務,組織活性化,メンタルヘルス,その他
スキル:メンタルケア,メンタルヘルス,マネジメントスキル全般,その他
階層:中堅社員,管理監督者,経営者,複数階層
ビジネスユニット:ヘルスケアマネジメントセンター
開催形式
開催日程 2014年03月03日(月)〜04日(火)
講師 日本大学 医学部 研究所 教授  渡辺 登 氏
会場 日本生産性本部
東京都渋谷区渋谷3-1-1
Tel. 03-3409-1112
JR・東急・京王・東京メトロ 渋谷駅 徒歩8分
参加料 賛助会員:45,000円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:50,000円(税込)
メンタルヘルス利用会員:42,000円 労働組合:42,000円 官公庁:45,000円 (いずれも税込み)
内容 本セミナーは、産業現場に精通した、臨床経験が豊富な精神科医が講師を担当し、心の病気に対する認識を深めながら、現場での適切な対応や具体的な取り組み等をポイントに講義をすすめます。
そして、受講者の具体的なケースに対するQ&A方式のアドバイスを中心に、実践面での対応を学んでいきます。2日間、通いのセミナーです。

【ポイント!】
● あなたの質問に専門家が直接お答えします!
● 難しい対応を実際のケースをもとに学べます!
● 本には書いていない実践的なアドバイスが得られます!

【プログラム】
【第1日】13:30-17:30
□症例から考える職場のメンタルヘルス
●職場不適応症
  分類と症例、 対応のポイント
●不安障害〜不安が引き起こす心の病気〜
  社会不安障害
  強迫性障害(強迫神経症)
  全般性不安障害、急性ストレス障害
  PTSD(心的外傷後ストレス障害)等
●うつ病
  なりやすい性格、発病のきっかけ
  症状の特徴、発症から治療までの流れ
●統合失調症
  その概念、病因、症状、経過
  診断基準、薬物治療その他の治療法
  再発予防、社会復帰
□グループ交流
 参加者の皆様にグループにわかれていただき、職場でのメンタルヘルス対策を巡る意見交換をもとに、先生へのご質問を整理していただきます。
□心のセルフ・チェックをしてみよう

【第2日】10:00-16:30
□Q&A形式による対応例研究
2日目のプログラムでは、1日目に皆様からお寄せいただいた質問について先生より直接お答えいただきます。日頃抱えている悩みや課題を是非、お聞かせ下さい。

[過去の対応研究例]
●病気(精神疾患)への対応の仕方
  初期症状のとらえ方
  治療へむすびつけるためには
  医師に対するアプローチの仕方
  本人への説得法
  家族に対するアプローチの仕方

●職場復帰への段取り
  治療形態について
  再発防止のために
  仕事の与え方、周囲の配慮の仕方
  予防保全について
  職場で精神疾患の発生しうる状況
  素人でもできる予防策


●症例別の対応の仕方
  うつ状態の社員への対応
  職場での自殺未遂者への対応
  不安神経症、パニック障害への対処 等
                         以 上
(ご参考)
※第61回 メンタルヘルス職場対応セミナーは2013年7月8-9日開催です。
http://seminar.jpc-net.jp/seminar_detail.php
参考URL
ダウンロード 62回メンタルヘルス職場対応セミナー.pdf
備考 ■受講者の声 〜参加者アンケートより抜粋〜
・(1日目の「症例から考える職場のメンタルヘルス」は)それぞれの 病気についての説明があり、それぞれの症例や対応策について順を追 ってお話いただけたので非常にわかりやすかったです。
・(2日目の「対応研究」は)職場での対応方法などの質問に対し
 て、先生のご説明、アドバイスが非常にわかりやすく参考になりまし
 た。日頃困っていたケースの対応についてのヒントがもらえました。
・社会的、物理的な制約も多くある中で、どのような手が打てるの
 か教えていただき、本当に参考になりました。
・「会社は仕事をする場所」、「健康であって初めて仕事ができる」
 ことを、再認識させられました。

(ご参考)
※第61回 メンタルヘルス職場対応セミナーは2013年7月8-9日開催です。
http://seminar.jpc-net.jp/seminar_detail.php
問い合わせ先 公益財団法人 日本生産性本部
メンタル・ヘルス研究所 太田
03−3409−1128


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.