公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 5A01
タイトル SPRINGフォーラム2013 「8月2日 観光力向上セミナー」
レジャー白書2013発表!! JR九州の観光力向上の取組み
要約 2013年版レジャー白書に見る余暇活動の動向や市場分析結果を概観し、ポイントの国内観光旅行の今後の動向、団塊シニア層の活動状況、JR九州の取組み事例を紹介します。
対象 分野:営業・マーケティング,経営戦略,その他
スキル:プロジェクトマネジメント,プレゼンテーション,ビジネスディベート,モチベーション,その他
階層:経営者,複数階層
ビジネスユニット:サービス産業生産性協議会
開催形式 月例会
開催日程 2013年8月2日(金)15:00〜18:00
講師 田中靖氏(株式会社JTB総合研究所)、渡邉太志氏(九州旅客鉄道株式会社鉄道事業本部営業部担当部長)
会場 日本生産性本部
東京都渋谷区渋谷3-1-1
Tel. 03-3409-1112
JR・東急・京王・東京メトロ 渋谷駅 徒歩8分
参加料 賛助会員:15,750円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:15,750円(税込)
●上記参加料はセミナー1回のみ参加の場合の料金です。●「SPRINGフォーラム2013」にご参加頂くとお徳です。サービス産業生産性協議会(SPRING)会員は通期で42000円(消費税5%含)、生産性本部賛助会員は通期で84000円、一般は105000円となります。●法人・組織としてお申込の場合、3名様までご参加になれます。個人としてお申込の場合は1名様のご参加となります。●SPRING会員制度等、参考URLをご参照下さい。
内容 「レジャー白書」は、国民のレジャー活動を需給両面から総合的に分析するわが国唯一の出版物として1977年(昭和52年)に創刊され、2013年版は通算第37号を迎えるものとなります。
2012年は、全般的に参加人口が減少する種目が多い中で、国内観光旅行(避暑、避寒、温泉など)が前年に比べ増加し、2年連続して首位となりました。本セミナーでは、2013年版レジャー白書に見る余暇活動の動向や市場分析結果を概観し、特にポイントとなった国内観光旅行の今後の動向、余暇参加者として有力な団塊シニア層の活動状況等をご紹介します。また、広域輸送ネットワークの「九州新幹線」のみならず、日本初の超豪華クルーズトレイン『ななつ星in九州』や数々の「観光列車」など、従来の鉄道の概念を越えた人気の鉄道や旅行を企画し、九州の観光力向上に貢献する九州旅客鉄道(JR九州)の取り組み事例を研究します。観光、地域、サービス産業に関わる皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

■概要■
日   時 2013年8月2日(金)15:00〜18:00
対   象 観光産業、自治体の観光振興に携わる方々、サービス産業の経営者・経営幹部・観光関連事業に携わる方々
講   師 ・株式会社JTB総合研究所 田中 靖 氏
      ・九州旅客鉄道株式会社
       鉄道事業本部営業部担当部長 渡邉 太志 氏
      ・公益財団法人日本生産性本部
       余暇創研主任研究員 志村 武範
■プログラム■
15:00 開会
15:02 余暇実態調査結果にみる観光・行楽活動の動向
15:40 オリエンテーション
15:50 講演「国内観光旅行の現状と今後」田中 靖 氏
16:30 休憩
16:40 講演「JR九州の観光力向上への取組み」(仮題)
                  渡邉 太志 氏
17:20 意見交換・質疑応答
18:00 閉会

以上
参考URL http://www.jpc-net.jp/spring/index.html
ダウンロード レジャー白書2013発表会(観光力向上セミナー)20130802.pdf
備考
問い合わせ先 サービス産業生産性協議会 事務局
(公益財団法人日本生産性本部内)
担当:志村 TEL:03-3409-1189


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.