公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

事業コード 2A01
タイトル サービス産業の「業務仕組み化」セミナー 1.導入編
〜理念をかたちにする「仕事の基準」のつくりかた〜
要約 サービス産業の生産性向上に有効な業務仕組み化の3つの支援ツールの概要と効用を学びます
対象 分野:営業・マーケティング,生産管理,人事・労務,組織活性化,メンタルヘルス,その他
スキル:経営品質・アセスメント,プロジェクトマネジメント,モチベーション,目標管理,リーダーシップ,マネジメントスキル全般
階層:管理監督者,経営者,複数階層
ビジネスユニット:サービス産業生産性協議会
開催形式
開催日程 2017年8月3日(木)14:00〜17:00
講師 槙田 隆史 氏(良品計画 常勤監査役)、大久保 寛基 氏(東京都市大学准教授)、他 
会場 AP東京丸の内
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1丁目1-3
日本生命丸の内ガーデンタワー3階
Tel:03-5224-5109
https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-marunouchi/ma-base/
参加料 賛助会員:8,640円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:9,720円(税込)
サービス産業生産性協議会会員 6,480円(税込)
内容 「店長か変わると、いままでの仕事のやり方が全く変わってしまう。」
「企業理念と、現場での行動が一致していない。」
「新入社員がいつまでたっても育たない。」

サービス産業が直面する様々な課題を克服し、質の高い経営やサービスを提供する企業は必ずそれを生み出す、優れた「仕組み」を持っています。
当協議会では、ベストプラクティス企業の実務家と生産管理工学の専門家らによる「サービス産業の仕組み化」について研究成果をとりまとめました。経営理念をサービスの提供現場で具現化し、業務効率化を同時達成する「業務仕組み化」の理論と、運用支援ツールを開発しました。仕組みで仕事をすることで、様々な課題を解決することができます。

サービス産業をリードするベストプラクティス企業が10年以上かけた仕組み構築のポイントをご理解頂き、各社での導入をご検討頂きたいと考えております。
参考URL http://www.service-js.jp/modules/contents/?ACTION=content&content_id=1100
ダウンロード sikumika_seminar_20170803_0913_1013.pdf
備考 ※ 法人お申込みの場合には、代表者のお名前、他参加者のお名前、部署・役職もお知らせください。
※ 折り返し代表者の方へ、「参加のご案内」「ご請求書」を送付いたします。
※ 埼玉・千葉・神奈川県生産性本部賛助会員の方はその旨を備考欄へご入力下さい。
問い合わせ先 サービス産業生産性協議会 担当:吉田、浦部、加藤
TEL:03-3409-1189  
mail:service-js@jpc-net.jp


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.