公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

事業コード 2A01
タイトル サービス産業の「業務仕組み化」セミナー 2.実践編
基準書のつくりかたを実践する
要約 サービス産業が直面する様々な課題の解決策としてのサービス産業の「業務仕組み化」セミナーの実践版
対象 分野:生産管理,人事・労務,組織活性化,総合
スキル:経営品質・アセスメント,モチベーション,目標管理,リーダーシップ,マネジメントスキル全般
階層:中堅社員,管理監督者,経営者,複数階層
ビジネスユニット:サービス産業生産性協議会
開催形式
開催日程 2017年9月13日(水)
10:00−17:00
講師 大久保・東京都市大学知識工学部経営システム工学科准教授、村岡・日本生産性本部主任経営コンサルタント 他
会場 日本生産性本部
東京都渋谷区渋谷3-1-1
Tel. 03-3409-1112
JR・東急・京王・東京メトロ 渋谷駅 徒歩8分
参加料 賛助会員:45,360円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:48,600円(税込)
SPRING会員 39,960円税込 (税別37,000円)
内容 サービス産業が直面する様々な課題の解決策として、ご好評いただいているサービス産業の業務仕組み化セミナー 1.導入編の実践版セミナーをです。小売業の現状をケーススタディとし、理論を学び、仕組み化応援ツールを活用することで、より実践的に「業務仕組み化」に学んでいただけます。
10:00 業務仕組み化-先進事例、理論
 ◆SOAのフレームワークによる業務可視化の手法
・業務基準書のコンセプト設定とコンテンツの整理
 ・分析の手法と業務改装の理解
 ・業務分析ツール「SOA(サービス・オペレーション・アナリシス)」の活用方法
 ◆SOCによる業務評価と基準設定と、SFDによる文書化の手法
 ・業務の標準化・業務評価ツール「SOC(サービス・オペレーション・クライテリア)
 ・基準書作成ツール「SFD(サービス・フロー・ドキュメンテーション)」
13:00 実践:ケーススタディ
 ◆サービスの現場VTRによるケーススタディを通した理解深耕
 ・SOAのフレームワークによる業務分析を行う
 ・SOCによる業務評価、業務基準の設定方法を理解する
 ・SFDのポイント理解と文書化の手法を理解する
15:15 実践:グループワーク
 ◆企業理念を業務基準として設定する手法の理解
 ・自社、自組織の事前課題の「業務」をグループワークで共有
 ・設定した「業務」の理念、コンセプトを理解する
 ・企業理念を「業務基準」として設定する手法について理解する
17:00 閉会
参考URL http://www.service-js.jp/modules/contents/?ACTION=content&content_id=1101
ダウンロード sikumika_seminar_20170803_0913_1013.pdf
備考 ※ 法人お申込みの場合には、代表者のお名前、他参加者のお名前、部署・役職もお知らせください。
※ 折り返し代表者の方へ、「参加のご案内」、「ご請求書」を送付いたします。
※ 埼玉・千葉・神奈川県生産性本部賛助会員の方はその旨を備考欄へご入力下さい。
問い合わせ先 サービス産業生産性協議会
03−3409−1189(吉田・浦部・加藤)
mail:service-js@jpc-net.jp


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.