公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 380-1ABB
タイトル 効果を最大限に引き出す対話型研修のすすめ
〜研修設計・ファシリテーション・場づくりの技術とは〜
要約 社内研修の悩みである「やらされ感」をなくすため、長年研修講師を行ってきた島森氏から対話型研修のメリットや方法についてレクチャーいただきます。
対象 分野:人事・労務
スキル:その他
階層:その他
開催形式
開催日程 2018年11月2日
講師 島森 俊央
会場 日本生産性本部 セミナー室
〒102-8643 東京都千代田区平河町2-13-12
TEL:03-3511-4001
東京メトロ永田町駅 4番出口 徒歩4分
参加料 賛助会員:32,400円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:37,800円(税込)
生産性労働情報センター会員は25,000(税別)
内容 1.なぜ対話型研修なのか
 ・集合研修と社内講師をするメリット  
 ・社内研修の類型  
 ・社内研修の悩み「やらされ感」をなくすために
 ・「気づき」とは「捉え方の変化」
 ・マネジメントの定着と人材育成が促進される評価シート
 ・評価者に求められるマネジメントのツボ
 ・対話型研修で実現できる「捉え方の転換」

2.研修設計の技術
 ・対話型研修の基本フレーム
 ・研修設計の流れ量目標と定性目標の目標設定ポイント
  →ゴール設定、気づかせたいポイントの設計、
   演習フレーム、トライアル…

3.ファシリテーションの技術
 ・対話型研修のファシリテーション/心構え
 ・ファシリテーターの技術  
 ・計画通りにいかない、盛り上がらない

4.場づくりの技術
 ・研修開始前の場づくり   ・短い時間でできるアイスブレイク集
 ・受講者の学習意欲を高め、集中力を持続させる
 ・リーダーシップを取る   ・伝え方を磨く
 ・緊張にのみこまれない   ・質問に対応する
 ・研修効果の測定方法    ・終了時間のコントロール
参考URL
ダウンロード 20181102 効果を最大限に引き出す対話型研修のすすめ.pdf
備考
問い合わせ先


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.