公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

事業コード 308-1ABB
タイトル 活動ベースの付加価値セミナー
財務会計ベース(過去)から活動ベース(未来)の付加価値へ
要約 会社の未来を予測し、真の経営課題を見出すために、財務会計ベース(過去)の付加価値から、活動ベース(未来)の付加価値へ
対象 分野:人事・労務,経営戦略
スキル:モチベーション,考課者訓練
階層:管理監督者,経営者
開催形式
開催日程 2019年11月22日(金)13:00〜17:00
講師 河合克彦・藤井公明
会場 生産性本部ビル
東京都千代田区平河町2-13-12
TEL:03-3511-4001
東京メトロ 有楽町線・南北線・半蔵門線 永田町駅 4番出口 徒歩4分
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 1番出口 徒歩5分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅 1番出口 徒歩7分
東京メトロ 丸の内線・銀座線 赤坂見附駅 D出口 徒歩9分
参加料 賛助会員:24,200円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:28,600円(税込)
LIC(生産性労働情報センター)購読会員は10%税込み19,800円
内容  過去の産物である財務諸表を頼りに経営分析や先行きを予測しようとしても限界があります。そこで、財務会計ベースの付加価値から過去の活動の蓄積によって生み出された現在の付加価値を差し引き、現在働いている社員の活動によって獲得されるであろう将来の付加価値を加えた、活動ベースの付加価値を考える必要があります。
 それにより、真にやらなければならない経営課題に気づくことができるのです。

1.講 義
(1)財務会計ベースの付加価値とは
(2)財務会計ベースの付加価値の問題点
(3)活動ベースの付加価値とは
(4)活動ベースの付加価値の機能
(5)活動ベースの付加価値の算出手順
(6)過去の活動の蓄積によって獲得された現在の付加価値の計算
(7) 現在の活動によって獲得された現在の付加価値の計算
(8)現在の活動によって獲得されるであろう将来の付加価値の計算
(9)効率要素と効果要素の比率調査
(10)等級別人件費レート

2.演 習
 〜活動ベースの付加価値の算定〜
・モデル企業の概要、財務諸表の説明
・財務会計ベースの付加価値の算出
・過去の活動の蓄積によって獲得された現在の付加価値の計算
・現在の活動によって獲得された現在の 付加価値の計算
・現在の活動によって獲得されるであろう将来の付加価値の計算
・活動ベースの付加価値の算出

3.まとめ/質疑応答
参考URL
ダウンロード 活動ベースの付加価値セミナー21091122.pdf
備考
問い合わせ先


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.