公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 322-8B02
タイトル 第2回グローバル経営人材研究会セミナー
グローバル人材管理の戦略的強化 〜中国における人的リスクをマネジメントする仕組みとは〜
要約 本セミナーでは中国における現地法人管理の先進企業事例をご紹介しながら、戦略的な人材管理強化策やリスクの回避方法について考察・議論します。また、具体的なリスク管理手法についてご紹介致します。
対象 分野:人事・労務,経営戦略,労使関係,国際交流,総合
スキル:リーダーシップ
階層:中堅社員,管理監督者,経営者,複数階層
開催形式
開催日程 2012年3月15日(木)
講師 早稲田大学教授 白木三秀氏、YKK不動産 取締役(元YKK(中国)有限公司総経理) 俣野隆氏、日産自動車 人事部シニアスタッフ 篠田文雄氏、森・濱田松本法律事務所 パートナー 江口拓哉氏ほか。
会場 大手町ファーストスクエア カンファレンスRoom A
住所 東京都千代田区大手町1-5-1 
   ファーストスクエアイーストタワー2F
参加料 賛助会員:3,150円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:5,250円(税込)
内容 昨今、日本企業においては事業を維持・発展させるためのグローバル化が急務とされ、社内公用語の英語化や、若手人材を早期に海外派遣する等、グローバル人材の育成が急務となっています。 
こうしたグローバル化に伴って本社、海外現地法人等において、様々な課題や人的リスクが生じているのが実情です。本セミナーでは、人材マネジメントの実務上、どのような課題やリスクに配慮していくべきか、特に市場としての重要性が増している中国における現地法人管理の先進企業事例をご紹介しながら、戦略的な人材管理強化策やリスクの回避方法について、考察・議論します。 さらにグローバル経営人材研究会(下記参照)において、中国進出の先端企業の事例をもとにERM(統合的リスク管理手法)を用いてデザインされた具体的なリスク管理手法についてご紹介致します。

グローバル経営人材研究会について
グローバル経営人材委員会は、日本生産性本部が2010年9月に設立し、早稲田大学 政治経済学術院 教授 白木氏を委員長に、味の素、キャノン、資生堂、綜研化学、日産自動車、ファミリーマート、東京大学、インフォデリバ、プラムフィールドアドバイザリーなどから委員が出席し、グローバル経営人材のあり方や経営管理や実務における課題について、調査・検討を行った研究会です。

<プログラム>
13:30〜14:10
基調講演「企業と人材のグローバリゼーション」
講演者:早稲田大学 政治経済学術院 教授 白木三秀氏

14:10〜15:50
パネル討論「中国における人材管理の戦略的強化」
コーディネーター:早稲田大学 政治経済学術院 教授 白木三秀氏
パ ネ ラー  :
YKK不動産 取締役(元YKK(中国)有限公司総経理) 俣野 隆氏
日産自動車 人事部 シニアスタッフ  篠田文雄氏
森・濱田松本法律事務所 パートナー  江口拓哉氏
プラムフィールドアドバイザリー代表取締役  梅原哲也氏

16:00〜17:00
対談「戦略的強化の実践 〜グローバル人材管理のリスク診断(中国版)の活用〜」

語り手:綜研化学 専務取締役 逢坂紀行氏
聞き手:日本生産性本部 国際協力部 主幹 口村直也 
参考URL
ダウンロード 20120315セミナーパンフ_JPC_Final.pdf
備考
問い合わせ先 国際協力部 事務局
〒150-8307 東京都渋谷区渋谷3−1−1
TEL 03-3409-1124 FAX 03-3409-5880
Mail N.Kuchimura@jpc-net.jp


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.