公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

事業コード 271-2A03
タイトル 若手社員の育成・活性化・離職防止に役立つ「新しいモチベーション手法と効果的ツール」
『ちょっとズレてる部下ほど戦力になる!』日本経済新聞出版社刊を著者が解説いたします
要約 若手社員の特徴やニーズに合わせた「支援型指導育成方法」等、育成・定着に向けて解説いたします
対象 分野:人事・労務,組織活性化
スキル:モチベーション,マネジメントスキル全般,カウンセリング,その他
階層:管理監督者,その他
開催形式
開催日程 2020年1月16日(木)13:00〜17:00
講師 加藤昌男 (公財)日本生産性本部 主任経営コンサルタント
会場 生産性本部ビル
東京都千代田区平河町2-13-12
TEL:03-3511-4001
東京メトロ 有楽町線・南北線・半蔵門線 永田町駅 4番出口 徒歩4分
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 1番出口 徒歩5分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅 1番出口 徒歩7分
東京メトロ 丸の内線・銀座線 赤坂見附駅 D出口 徒歩9分
参加料 賛助会員:11,000円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:16,500円(税込)
定員30名(最少催行人数10名)。研修講師・コンサルタント等コンテンツ著作等の再利用を目的の参加はご遠慮ください。
内容  「若手社員にやる気が無い」「3年で3割も辞めてしまう」「指導方法がわからない」といった悩みは尽きません。多くの組織において、同じように3年で3割も退職してしまうのは、今までのやり方に改善の余地があるからです。
 若手を育んだ経済環境、教育手法は大きく変化し、昔ながらのやり方では良かれと思ってアドバイスしてもマイナスのモチベーションが働いてしまうのです。
 そうした環境変化に対応し、若手が望んでいる「仕事を通して自分らしく成長したい」というニーズを支援する内発的動機づけ手法を加えると、会社や仕事に対する満足度が改善され、言い換えれば、若手社員の特徴やニーズに合わせた「支援型指導育成方法」を取り入れることでモチベーションが高まります。
 また、若手の成長を支援すれば、仕事への満足度が高まり一人ひとりが生き生きと活性化し、同時にサポート役がいる良好な人間関係、自己成長などが実現でき、離職防止にも役立ちます。
 本セミナーでは、組織的に活用されたい人事部門の皆様向けに、『ちょっとズレてる部下ほど戦力になる!』(日本経済新聞出版社刊)の著者が、そのための手法と効果的ツールを解説いたします。
 
<プログラム>
1.若手社員(ゆとり教育世代)の特徴
(1)若手社員の強みと弱み
(2)若手社員はなぜ辞めてしまうのか?(離職理由分析)
(3)若手社員のニーズと価値観
2.若手社員(ゆとり教育世代)の新たな悩みとは?
(1)成長したいニーズが困った問題に変わるリスク
(2)自分の理想の仕事で無ければ辞めるのか?
(3)若手社員にNGな指導法とは(それは今やブラック指導法です)
3.若手社員を育て動機づけるキ―ポイント
(1)働く仲間目線でアプローチする
(2)対話による気づき、共感、経験学習を促進する
(3)このツールを使うと自然に良い指導法になる
4.「働きがい・仕事の楽しさ」に気づくワークショップの進め方
(1)仕事のポジティブ体験を共有するワークショップ
(2)地に足のついた現実的キャリア観を身につける
(3)自己実現とは周囲からの孤立ではないという気づき
(4)内発的動機づけ・モチベーションを高めるワークショップのケース紹介
5.モチベーションを高める支援型指導育成方法
(1)顧客へ貢献する好循環サイクルを回す
(2)仕事のポジティブ感情を体験できる支援をする
(3)生き生きやる気が出る「支援型指導育成方法」のケース紹介
6.若手社員と職場の活性化の具体的プログラム例
(1)「働きがい」を高めるワークショップ(1日間バージョン)
(2)日々の仕事の「働きがい・楽しさ」に気づくワークショップ(2日間バージョン)
(3)「仕事の楽しさ」を見える化するワークショップ(3日間バージョン)
(4)リーダーの為の「支援型指導育成方法」の進め方(1日間バージョン)

 ※書籍『ちょっとズレてる部下ほど戦力になる!』(日本経済新聞出版社刊)はサブテキストとして配布します。書籍代は参加費に含みます)。
参考URL https://consul.jpc-net.jp/mc/
ダウンロード 新しいモチベーション手法と効果的ツールセミナー.pdf
備考 ●参加のご案内(参加証など)および請求書を、セミナー開催1週間前に送付させていただきます。開催日が近づいてもご案内が届かない際は、お手数ですが担当者までご連絡ください。
●参加費用は、請求書等に記載の金融機関へお振込下さい。(振込手数料は、お客様ご負担でお願いいたします。)
●下記の日程よりキャンセル料金が発生します。ご了承ください。(代理出席をご検討ください。)

実施7営業日前〜4営業日前:参加費の30%
実施3営業日前〜前日:参加費の50%
当日・不参加:参加費の全額
問い合わせ先 コンサルティング部 前田、常盤、福田、山田
TEL:03-3511-4060 FAX:03-3511-4052


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.