公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 0000
タイトル 第1回 新規案件発掘力強化コース
新たなルートを開拓する
要約
対象 分野:営業・マーケティング
スキル:その他
階層:中堅社員,複数階層,その他
開催形式
開催日程 2018/2/7(水)〜2018/2/8(木) 2日間通い
各日9:30−17:30
講師 日本生産性本部 講師 小林 誠
会場 生産性本部会議室(東京・千代田区)他
参加料 賛助会員:64,800円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:70,200円(税込)
* うち食事代3,240円
内容 =====================================
本コースのねらい
=====================================

1)継続的に新規案件を発掘・獲得するための知識を習得し、取るべき行動を明確にします。

2)営業組織での生産性を高めるために、チームにおけるボトルネックを解消します。

3)自社や顧客について考察し、“市場で勝つプロセス”の標準化を目指します。

=====================================
こんな方に(対象者)
=====================================
中堅営業担当者、営業チームのリーダー、
新規顧客の獲得・案件獲得を目指す方
=====================================

【1日目】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(9:30開始)
オリエンテーション
1. 継続的な新規案件獲得と
          勝つプロセスとは何か
 (1)経営環境を考える
 (2)新規案件獲得と既存案件深耕
 (3)求められている勝つプロセスとは

2. 新規案件獲得を成功させるための要素
 (1)新規案件獲得の際に検討すべき要素とは
 (2)自社の強みを知り、自社や製品・サービスの
   特徴を知る
 (3)顧客の分析と特定
 (4)自社の製品・サービスと顧客との関係を考える
 (5)競合と自社、顧客との関係を考える

(17:30終了)


【2日目】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3. 新規案件獲得を継続させるための進め方
 (1)活動プロセスを明らかにする
 (2)ボトムアップを図る為のプロセスの標準化
 (3)営業チームへ浸透・定着させるには

4. 自分事に置き換える
 (1)自身の営業チームの理想像を検討する
 (2)自身のマネジメントスタイルの理想像を検討
   する

まとめ
 講師フィードバック

(17:30終了)
参考URL
ダウンロード
備考 ■事前課題があります

■食事は初日の昼食から最終日の昼食までご用意しております。

■やむをえない事情により、プログラムの内容・日程・講師などは変更するこ
とがございます

■お申込みについて■-----------

●お申込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。

●参加者間の交流も研修の目的のひとつとしておりますので、1社1回あたり
 の参加人数は1〜5名を基本とさせていただいております。できるだけ集中し
ないようご派遣いただければ幸いです。

■日程変更・キャンセルについて■-----------

●日程および参加者の変更につきましては、下記の変更手数料をいただきます。
【変更手数料】
(8営業日前まで)繰り延べ変更手数料無料
(7営業日前〜4営業日前)宿泊・食事代部分の30%
(3営業日前〜1営業日前)宿泊・食事代部分の50%
(開催当日変更)宿泊・食事代部分の100%

なお、2回目以降の変更につきましては、時期に関わらず1回あたり税込5,
400円を事務手数料として上記に追加でいただきます。

●キャンセルにつきましては、下記のキャンセル料をいただきます。
【キャンセル料】
(8営業日前まで)キャンセル料無料
(7営業日前〜4営業日前)参加料の30%
(3営業日前〜1営業日前)参加料の50%
 開催当日不参加(途中受講中止含む)参加料の100%

なお、変更後のキャンセルにつきましては、時期に関わらず税込5,400円を事
務手数料として上記に追加でいただきます。


■その他■-----------

●参加のご案内(参加証・会場地図等の資料含む)、事前課題および請求書は、
開催1カ月前をめどにお送りいたします。時期が来ても到着しない場合は、恐
れいりますが、ご一報願います。(連絡先:下記問い合わせ先をご覧ください)
問い合わせ先 <問い合わせ先 >
※2017年12月28日まで
公益財団法人日本生産性本部
経営開発部 公開研修プログラム
TEL:03-3409-1118 FAX:03-5485-7750

※2018年1月5日より(部門名称および連絡先が変更になります)
公益財団法人日本生産性本部 グローバルマネジメントセンター
経営開発ユニット 公開研修プログラム
TEL:03-3511-4030 FAX:03-3511-4056
(担当:平澤)


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.