公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード D17
タイトル 第79回 若手社員戦力化コース(旧:若手社員コース)
業務遂行力とストレス耐性の向上を目指す
要約
対象 分野:総合
スキル:ロジカルシンキング,モチベーション,メンタルケア,マネジメントスキル全般,その他
階層:中堅社員
開催形式
開催日程 2018年10月15日(月)〜16日(火)通い2日
各日とも9:30〜17:30
講師 日本生産性本部 講師 三浦哲 他
会場 日本生産性本部セミナー室(東京・永田町)他
参加料 賛助会員:71,280円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:77,760円(税込)
内容 =============================================
当コースの学習のポイント
=============================================
■現状を把握すると共に、実務スキル・意識を学び成長へ繋げる
本研修では自分自身の現状分析をしっかり行うだけでなく、若手社員を取り巻く環境について考察を進めていきます。その上で求められる役割と必要なスキル・継続的に成長するための心構えについて学び、理解を深めます。

■「知っている」知識から「実践できる」スキルとして習得する
実務を経験し、できていることとそうでないことがある若手社員として、「できること」を増やしていく働きかけをします。その為に、具体的な施策を事例・ケースを通じて学び、演習による体得をします。

=============================================
当コースの特徴
=============================================
●ケース・モデル事例を多用した演習により、自分自身のアクションプラン策定のヒントを得られるカリキュラムです。
自立(律)型社員の特徴や行動を学習するとともに、自分自身の分析を行うことで、ありたい姿や、アクションプラン(行動計画)を立てる際の指針となるものを学びます。
●ストレス耐性を高め、持続的に成長・活動するためのポイントを学びます。
業務を担う一員として継続的に成長・活動していくためにも、メンタルヘルスの基礎知識・ストレス耐性を高め・モチベーションを保つコツを学びます。
●個人の業務遂行から、現場の中核・リーダーとなる際に求められる組織の視点を学びます。
これまで若手社員として担ってきた個人での業務遂行から、今後現場の中核やリーダーとして求められるチーム・組織の視点で、どのような役割や行動が求められるのかを学びます。


=============================================
当コースの概要
=============================================

対象
~~~~~~~~~~
入社2年〜6年目程度の社員
(高卒社員の場合は4年〜8年目の派遣をお勧めします)


プログラム概要
~~~~~~~~~~~~~~
1.自身の現状分析
これまでの自分自身の経験を振り返ると共に、自分自身がもつ強みや弱みについて、自身の考察と分析ツールを併用して理解を深めます。

2.組織における私たちの役割
自身が身を置く「組織」はどのような原理原則・構造で成り立っているのかを理解し、環境変化の早い現代においてどのように変化・適応してきたのかを考察します。職場に受ける多様性をどのように捉え・受容するのか、また働き方改革など職場の仕組みが大きく変換する際にどのような対応ができるのかを演習を通じて考察します。
その上で、自分自身はその組織においてどのような役割を現在担っているのか、さらに今後どのような役割を期待されるのかについて認識を深めます。

3.役割を果たすための業務遂行力を高める
自身が担っている役割を果たすために必要なスキルや考え方を講義で学び、演習にて実践します。具体的には、日々の業務遂行で求められる「情報収集・問題解決力」「タイムマネジメント」「報告・連絡・相談」「PDCAサイクルの実践」を中心にスキルアップを図ります。

4.組織人としてのモチベーションを高める
人に備わる基本的な欲求や、それに基づく行動がどのようなものであるかを学びます。また、組織においてどのような人材像が成長するのか、組織人として任される役割を確認したうえで学びます。

5.業務遂行に向けたコミュニケーション力を高める
業務をスムーズに遂行する・組織でよい仕事をする為の必要なスキルとしてコミュニケーション力を高めます。人間関係におけるコミュニケーションの機能や効果を演習での実践を交えながら体得します。

6.メンタルヘルスの基礎知識
粘り強く業務に取り組むことができるようにストレスの構造などメンタルヘルスについての基礎知識を習得し、具体的に自分自身でできるケアについて学び、ストレス耐性を高めるコツを習得します。

7.メンタルヘルスの基礎知識
ここまで学んだ知識スキルを活かして業務遂行における具体的な事例について対応策と具体的行動を検討します。また、研修後の自分自身のありたい姿・それに基づくアクションプランについて考え、実践できる言葉に落とし込みます。
参考URL
ダウンロード 2018年度_若手社員戦力化コース_0059_0060.pdf
備考 ■事前課題があります。

■食事は1日目・2日目ともに昼食をご用意しております。

■やむをえない事情により、プログラムの内容・日程・講師などは変更することがございます。

■お申込みについて■-----------

●お申込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。

●参加者間の交流も研修の目的のひとつとしておりますので、1社1回あたりの参加人数は1〜5名を基本とさせていただいております。できるだけ集中しないようご派遣いただければ幸いです。

■日程変更・キャンセルについて■-----------

●日程および参加者の変更につきましては、下記の変更手数料をいただきます。
【変更手数料】
(8営業日前まで)繰り延べ変更手数料無料
(7営業日前〜4営業日前)食事代部分の30%
(3営業日前〜1営業日前)食事代部分の50%
(開催当日変更)食事代部分の100%

なお、2回目以降の変更につきましては、時期に関わらず1回あたり税込5,400円を事務手数料として上記に追加でいただきます。

●キャンセルにつきましては、下記のキャンセル料をいただきます。
【キャンセル料】
(8営業日前まで)キャンセル料無料
(7営業日前〜4営業日前)参加料の30%
(3営業日前〜1営業日前)参加料の50%
 開催当日不参加(途中受講中止含む)参加料の100%

なお、変更後のキャンセルにつきましては、時期に関わらず税込5,400円を事務手数料として上記に追加でいただきます。


■その他■-----------

●参加のご案内(参加証・会場地図等の資料含む)、事前課題および請求書は、開催1カ月前をめどにお送りいたします。時期が来ても到着しない場合は、恐れいりますが、ご一報願います。(連絡先:下記、問い合わせ先をご覧ください。)
問い合わせ先 公益財団法人日本生産性本部 グローバルマネジメントセンター
経営開発ユニット 公開研修プログラム係
〒102-8643 東京都千代田区平河町2−13−12
TEL:03-3511-4030 FAX:03-3511-4056
E-Mail:mddseminar@jpc-net.jp
※2018年1月5日より渋谷から平河町に移転し、部門名称および連絡先が変更になりました。


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.