公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 4B02
タイトル 実践 「CS向上を科学する」ワークショップ
〜戦略的な「サービス・デザイン」の見直しの重要性と、その方法〜
要約 自社の実際のCS課題をフレームワークに当てはめて検討するワークショップ中心のプログラムです。実践ワークを通じ、自社の問題解決の盲点や次の一手への糸口を掴んで頂きます
対象 分野:営業・マーケティング,組織活性化
スキル:経営品質・アセスメント,ロジカルシンキング,モチベーション,マネジメントスキル全般
階層:中堅社員,管理監督者
開催形式
開催日程 2019年2月12日(火)
13:00−17:00
講師 松井サービスコンサルティング 代表 松井 拓己 氏
会場 生産性本部ビル
東京都千代田区平河町2-13-12
TEL:03-3511-4001
東京メトロ 有楽町線・南北線・半蔵門線 永田町駅 4番出口 徒歩4分
東京メトロ 半蔵門線 半蔵門駅 1番出口 徒歩5分
東京メトロ 有楽町線 麹町駅 1番出口 徒歩7分
東京メトロ 丸の内線・銀座線 赤坂見附駅 D出口 徒歩9分
参加料 賛助会員:27,000円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:32,400円(税込)
SPRING会員 21,600円税込  (1法人につき。1〜4名まで参加可能)
内容 プログラム:
1.「CS向上を科学するセミナー」振り返り講義
 サービスを科学する、サービスとCSを定義する
2.ワークショップ
 事前期待で顧客をセグメントする
3.各企業から発表、講評

4.まとめ
  サービス向上の努力の仕方
参考URL https://www.service-js.jp/
ダウンロード チラシ(CS向上を科学 実践編)20190212.pdf
備考 ※ 代表者のお名前、他参加者のお名前、部署・役職もお知らせください。
※ 折り返し代表者の方へ、「参加のご案内」、「ご請求書」を送付いたします。
問い合わせ先 サービス産業生産性協議会
03−3511−4010(吉田・浦部・浅野)
mail:service-js@jpc-net.jp


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.