公益財団法人日本生産性本部 トップページ 研修・セミナー コンサルティング 調査研究 書籍・手帳
研修・セミナー
 研修・セミナートップ > 詳細検索 > 検索結果 > 研修・セミナー詳細

研修・セミナー詳細

■ 申込みは締め切りました。■
事業コード 7A01
タイトル レジャー白書2019発表会〜余暇創研フォーラム
2018年の余暇実態、市場規模、トレンド / 新時代のライブエンターテインメント
要約 レジャー白書2019発表(余暇実態調査結果の概要・市場動向) 先進事例講演 質疑応答
対象 分野:営業・マーケティング,経営戦略,組織活性化
スキル:経営品質・アセスメント,プロジェクトマネジメント,ロジカルシンキング,プレゼンテーション,モチベーション,メンタルケア
階層:中堅社員,管理監督者,経営者,複数階層
開催形式
開催日程 2019年8月6日(火)14:00 〜 17:00
講師 桜美林大学 専任教授 山口 有次 氏 / 株式会社アカツキライブエンターテインメント執行役員 小谷 翔一 氏
会場 桜美林大学 新宿キャンパス 3階 J301教室
(東京都新宿区百人町3丁目23-1)
JR山手線 新大久保駅 徒歩8分
JR中央・総武線 大久保駅 北口 徒歩6分
参加料 賛助会員:10,800円(税込)             * 賛助会員会員制度のご案内はこちら
一般参加:16,200円(税込)
参加費はお1人様の料金です。サービス産業生産性協議会 一般法人会員・一般個人会員様の参加費は10,800円(税込)です。サービス産業生産性協議会 情報会員様の参加費は16,200円(税込)です。参加費には『レジャー白書2019』(税込7,560円)を含みます。
内容 レジャー白書2019の概要を発表するとともに、事例講演によりレジャーのトレンドを研究します。ゲーム、外食、アミューズメント、イベントなどの時間消費・体験消費型の余暇市場は今後どのような方向に進むのか?先進事例について講演をお聞きし、新しい余暇のあり方を探ります。

●2018年余暇市場の動向

桜美林大学
専任教授
山口 有次 氏

レジャー施設の設計、集客戦略、レジャー産業・企業の動向、市場規模、世界のレジャー動向等を長年にわたり研究。『レジャー白書』の余暇関連産業・市場の動向についての編集・執筆に携わる。2014 年版からはレジャーの国際比較についてコラムを執筆。単著『新 ディズニーランドの空間科学』、『観光・レジャー施設の集客戦略』。

●新時代のライブエンターテインメント〜アソビルが提供するリアル体験

 株式会社アカツキライブエンターテインメント
 執行役員
 小谷 翔一 氏

「世界をもっとカラフルに」をミッションに、五感を総動員できる「リアルな体験」にフォーカスしたライブエンターテインメント事業を展開。今年3月に横浜中央郵便局別館をリノベーションした横浜駅直通の複合体験エンターテインメントビル「アソビル」を開業。うんこミュージアムやものづくり等、独自の体験が人気となり約3ヶ月で来館者数が100万人を突破。
参考URL https://www.jpc-net.jp/leisure/
ダウンロード 20190806余暇創研フォーラムチラシ20190711.pdf
備考 定員 40名予定
問い合わせ先 余暇創研
yoka@jpc-net.jp


▲ページTOP
COPYRIGHT JAPAN PRODUCTIVITY CENTER. ALL RIGHTS RESERVED.